スポンサーリンク

【WDW】格安!直営ホテルに泊まるメリットと宿泊者特典とは?

【WDW】ウォルトディズニーワールド
彼

ディズニーリゾートに行ったら、直営ホテルに泊まるのが夢だよね!

彼女
彼女

うん!そうだよね!
パークの世界観を楽しむことができるから好きだよ!

彼

けど、直営ホテルは高いイメージがあって敬遠しがちだよね…

ディズニーリゾートに行ったら「直営ホテルに泊まってみたい!」と誰しもが思うはず。

魅力的な「宿泊者特典」はもちろんですが、パークの世界観や余韻を、ホテルでも楽しむことができるのは、ディズニー好きにとっては、まさに夢のような話です。

東京ディズニーリゾートにも4つの直営ホテルがあり、それぞれが魅力的な世界観を持っています。

同じように、ウォルトディズニーワールドのホテルも世界観にこだわっており、まるでパークにいるような気分にさせてくれます。

ただ、直営ホテルの数は27もあるので、全部を紹介していては、選ぶのが大変です。

そこで!

今回は、「安い」直営ホテルを紹介し、金銭面でのハードルを、少しでも下げられるような紹介をします!

彼

直営ホテルに泊まるメリットも併せて紹介します!

 

直営ホテルについての詳細はこちら!

こんな人におすすめ

ウォルトディズニーワールドの直営ホテルについて知りたい人!
直営ホテルに泊まりたいけど、なるべく安く泊まりたい人!
直営ホテルの宿泊者特典について知りたい人!

私たちは大学4年生の時、ウォルトディズニーワールドに行き、12泊全て直営ホテルに泊まりました。

その経験をお伝えし、「思ったより気軽に行けるんだ!」と感じてもらえると嬉しいです!

大学生で?と感じられた方もいると思いますが、アルバイトで貯めた貯金で、夢だったウォルトディズニーワールドに行きました!

 

私たちの【貯金術】【管理術】の記事はこちらです!

スポンサーリンク

宿泊者特典

まずは宿泊者特典から紹介します!

東京ディズニーリゾートと同じように、いくつかの特典があります。

ウォルトディズニーワールドにしかない、魅力的な特典もあるので、詳しく紹介します。

彼

宿泊者特典を見れば「直営ホテルしかないね!」と思うはず!?

エクストラ・マジック・アワー

直営ホテル宿泊者は、その日ごとに指定されたパークに、1時間早く入場できたり、2時間遅くまで遊ぶことができます。

彼女
彼女

うーん、分かりずらいね…

東京ディズニーリゾートでも、直営ホテルの宿泊者限定で、15分早くパークに入ることができますよね。

それと同じような特典ですが、ウォルトディズニーワールドの場合、下の表のようになります。

MK8:00~21:009:00~21:009:00~23:00
AK9:00~21:009:00~23:009:00~21:00
EP9:00~21:009:00~21:008:00~21:00
HS9:00~23:008:00~21:009:00~21:00
MK:マジックキングダム、AK:アニマルキングダム、EP:エプコット、HS:ハリウッドスタジオ

このように、曜日やパークによって、早く入れたり遅くまで滞在できます。

どのパークへ、どの曜日に行くのか、迷いますよね!

ちなみに、1時間早くパークに入れることを
「モーニング・エキストラ・マジック・アワー」

2時間遅くまでパークに滞在できることを
「イブニング・エキストラ・マジック・アワー」

と言います。

気を付ける点

①早く入れるパークと、遅くまで滞在できるパークは、別々な点。
②エクストラ・マジック・アワーが実施されるパークは、季節や曜日によって変わる点。

ファストパス+

マジックバンド

ファストパス+は、東京ディズニーリゾートのファストパスと同じで、アトラクションの優先券です。

ただ、東京ディズニーリゾートとは異なり、ウォルトディズニーワールドでは、ファストパスは事前予約制になっているので、来園前に予約をしてから行きます。

直営ホテル宿泊者の場合、通常30日前からの予約になるところ、60日前から予約ができてしまいます!

彼女
彼女

1日3枚まで事前予約ができます!

ディズニーマジカルエクスプレス

シャトルバスの外

オーランド空港とホテル間のシャトルバス。

空港から各ホテル行きのバスを、無料で利用することができます。

自分で交通手段を考えて、ホテルまで向かうのは大変なので、とてもありがたいサービスです。

また、帰国日にもホテルから空港まで、バスを利用することができます。

24時間運行しているので、深夜に着いて早朝に出発するという方でも安心です。

彼

空港からホテルまで送迎があると、とても安心感があります!

パーク間送迎

エプコット行きのバス停

ホテルから各パークまでの送迎の他、パークからパークの移動もできます。

夜遅くまで送迎があるので、ホテルまで歩いて帰ったり、タクシーを使わずに済むのは、すごくありがたいです。

バリューリゾート

ウォルトディズニーワールドの直営ホテルは、「デラックス」「モデレート」「ヴィラ」「バリュー」の4つのランクに分かれています。

今回は、その中でも、値段が安い「バリュー」について紹介します!

彼

バリューリゾートは全部で5種類あります!

その他のホテルについてはこちらの記事!
【全27ホテル】全て紹介しています!

宿泊価格

まず、気になるのは、バリューリゾートの宿泊価格ですよね!

ここでは、私たちが実際に泊まって、かかった費用を紹介します!

私たちはバリューリゾートの1つである「ディズニー・オールスター・スポーツ・リゾート」に、2019年1月14日~1月26日までの12泊泊まりました。

かかった費用は、12泊で1,591.30ドル(約173,451円)でした。
1泊1人あたり7,227円なので、直営ホテルだと考えれば、とても安いことが分かります。

ただ、私たちが行った時期は、パークが空いている時期でもあったので、年末年始や、アメリカの休暇期間に重なると、もう少し値段が上がる可能性があります。

彼

バリューリゾートに泊まる際の、目安にしてくれれば幸いです!

ディズニー・アート・オブ・アニメーション・リゾート

©Disney

4つの棟があり、「ファインデング・ニモ」「カーズ」「リトルマーメイド」「ライオンキング」それぞれの世界観を楽しむことができます。

4つの棟それぞれの前に巨大オブジェがあり、絶好のフォトスポットになっています。

また、部屋の中も、細部まで凝った作りになっているので、アニメの世界に紛れ込んだ感覚になります!

ディズニーアニメ好きの人におすすめのホテルです。

彼女
彼女

小さい子供がいる家族連れに人気のホテルです!

ディズニー・ポップ・センチュリー・リゾート

©Disney

日本人の旅行客が多いイメージがあります。

ホテルの特徴としては、20世紀のポップカルチャーをテーマにしていて、年代ごとの流行を目で見て楽しむことができます。

懐かしいアニメの世界を楽しめるのも、人気の秘訣です。

ディズニー・オールスター・スポーツ・リゾート

©Disney

スポーツをテーマにしたホテル。

客室棟の前には、アメフトやサーフィンなど、スポーツのオブジェがあります。

彼

私たちが実際に泊まったホテルです!

一番の魅力は、ウォルトディズニーワールドの直営ホテルの中で、最安値であることです。

パークを全力で楽しんで、ホテルでは寝れるだけで十分!という方にはおすすめのホテルです。

もちろん、直営ホテルですので、部屋の設備や施設は、しっかり整っているので安心です。

ディズニー・オールスター・ミュージック・リゾート

©Disney

音楽をテーマにしたホテル。

横並びになっている、ディズニー・オールスター・リゾートの真ん中に位置しています。

客室棟の前には、サックスやギターなど、楽器のオブジェがあります。

ディズニー・オールスター・ムービー・リゾート

©Disney

映画をテーマにしたホテル。

かわいい雰囲気がいっぱいのホテルで、子供連れの家族が多かったです。

客室棟には、101匹わんちゃんやトイ・ストーリーなど、ディズニーアニメのオブジェがあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

そして、ウォルトディズニーワールド旅行は、思ったより安く行けるんだ!と感じてもらえると、とても嬉しいです!

この記事のまとめ

❏宿泊者特典で、パークを最大限に楽しむことができる!
❏格安で直営ホテルに泊まるには「バリューリゾート」を選ぼう!
❏1泊の目安価格は、約7,500円/人!