スポンサーリンク

【2020年】WDWの基本情報!世界最大のディズニーってどんなところ?

【WDW】ウォルトディズニーワールド
彼女
彼女

今回は、ハネムーンや家族旅行で人気の「ウォルトディズニーワールド」を紹介!

 

私たちは、大学4年生の時に12泊15日
ウォルトディズニーワールド(以下WDW)に行ってきました。

 

しかし、実際に計画を立てる際に、問題となるのが「そもそもあまり知らない…」という点でした。

 

彼

テレビでよくアトラクションは紹介されるけど、全体像は分かりにくいよね。

 

そこで!
今回は「WDWの全体像」を丁寧に紹介します!

 

彼女
彼女

WDWと日本のディズニーには、違いがいっぱいあります!

 

こんな人におすすめ

聞いたことはあるけど、全体像をあまり知らない人!
WDWの良さを知りたい人!
個人予約でWDWに行きたい人!


アルバイトで貯めた貯金で、夢だったWDWへ卒業旅行に行きました!

>>私たちが社会人1年目で200万円を貯めた【貯金術】【管理術】を紹介します!

 

スポンサーリンク

ウォルトディズニーワールド(Wolt Disney World=WDW)とは?

シンデレラ城とミッキー

WDWは、アメリカ・フロリダ州オーランドにある
ディズニーリゾート。

 

4つのテーマパーク+2つのウォーターパーク+
2つの商業施設からなる、世界最大のディズニーリゾートです。

 

公式ホテルの数だけでも20を超えており、
そのスケールは圧巻の一言です。

 

また、総面積は、山手線2つがすっぽり入ってしまう面積で、リゾート全体が一つの街のようになっています。

 

彼

あまりの大きさに、全体像を把握することが一番大変でした…

 

WDWのテーマパーク

まずは、テーマパークについて。

 

前述にある通り、ウォルトディズニーワールドは、
4つのテーマパークと2つのウォーターパークで構成されています。

 

ディズニーらしく、それぞれのパークには「テーマ」があり、「世界観」が作り込まれています。

 

今回は、写真と簡単な説明で、ウォルトディズニーワールド全体をイメージできるように紹介します!

 

エプコット (Epcot)

スペースシップ・アース

パーク中央にある球体が印象的なエプコット。

 

テーマは「近未来の生活と世界旅行」で、
「地球・文化・未来」といった世界観が感じられる
パークになっています。

 

パークの構成は2つのエリアに分かれています。
①「近未来」が表現された
 『フューチャー・ワールド』
②世界11ヵ国の文化や食事を楽しめる
 『ワールド・ショーケース」

 

ワールド・ショーケースの11ヵ国とは?

メキシコ館、ノルウェー館、中国館、ドイツ館、
イタリア館、アメリカ館、日本館、モロッコ館、
フランス館、イギリス館、カナダ館。

 

それぞれのエリアで、アトラクションや文化の体験をすることができます!

日本館にある五重塔

エプコットの魅力は、
アトラクションと観光を同時に楽しめる点です。

 

特に、ワールドショーケースは、本当にその国に
行った感覚になり、エリアごとに雰囲気が少しずつ
違うのが感動的!

 

お昼はイギリス館でアフタヌーンティーを、
夜はイタリア館でピザやパスタを食べる!
という楽しみ方ができちゃいます!

イギリス館のフィッシュアンドチップス

 

 

 

ディズニー・ハリウッド・スタジオ(Disney Hollywood Studios)

1980年代のハリウッドの街並みが表現された
ディズニー・ハリウッド・スタジオ。

 

テーマは「ショービジネスと映画の世界」で、
「ショーと映画に沸いているハリウッドの街」
といった世界観が感じられるパークです。

ストームトルーパーの行進は子供に大人気です!

ハリウッドスタジオの魅力は、
本場アメリカのミュージカルが楽しめる点です。

 

1日に数回、本場アメリカのミュージカル
「美女と野獣」が見られる他、広大な特設エリアで
1日1回「ファンタズミック!」が開催されます。

>>「美女と野獣」「ファンタズミック!」が見られるエリアを紹介します。

 

彼女
彼女

特設エリアで行われる「ファンタズミック!」は必見です!

 

また、子供から大人まで楽しめるアトラクションや、
日本では会えないキャラクターとのグリーディングもあります。

>>子供にも大人気!トイ・ストーリーランドを紹介します。

>>スターウォーズの世界を楽しめるエリアを紹介します。

 

他のパークと比べ、比較的小規模なので、
家族連れでもそこまで疲れずに楽しめるのも、良い点だと思います。

 

ディズニー・アニマル・キングダム(Disney Animal Kingdom)

パーク中央にある「ツリー・オブ・ライフ」が
印象的なディズニー・アニマル・キングダム。

 

WDWで最大の面積を誇るパークです。

 

テーマは「生命と環境保護」で、
「古代から未来までの全生命」といった世界観が
感じられるパークとなっています。

 

アニマルキングダムの魅力は、パーク内でたくさんの動物を見ることができるところ。

 

約300種、2,000頭以上の動物が
パーク内で暮らしており、サファリパークを楽しめる
「キリマンジャロ・サファリ」は、迫力満点です!

また、おすすめは、映画『アバター』をテーマにしたアトラクション「フライトオブパッセージ」。

 

日本のテレビや雑誌でもたくさん取り上げられている、大人気のアトラクション。

世界中からも、たくさんの人がこのアトラクションを目掛けて来るほどです。

 

アニマルキングダムに来たらぜひ乗ってほしい
アトラクションの一つになります!

彼

アバターエリアでは、宙に浮く島が再現されていて、フォトスポットも満載です!

 

マジック・キングダム(Magic Kingdom)

世界で一番高い「シンデレラ城」が印象的な
マジック・キングダム。

 

テーマは「魔法の世界」で「おとぎ話」の世界観が
感じられるパークになっています。

 

東京ディズニーランドのモデルになったパークなので、構成はよく似ており、比較的周りやすいです。

>>日本との違いはある?WDWの3大マウンテンを紹介します。

おなじみのスプラッシュマウンテン

 

マジックキングダムの魅力は、なんといっても
キャラクターグリーディングの数。

 

15以上のキャラクターと会うことができますし、
日本では会うことの出来ない珍しいキャラクターと
写真を撮ることができます!

>>【画像あり】マジックキングダムで会えるキャラクターを紹介します。

メリダ

 

また、子供でも楽しめるアトラクションが多いため、家族旅行でもみんなで楽しむことができます。

 

夜は、シンデレラ城にプロジェクションマッピングが施され、花火とディズニーの曲が流れるナイトショーは、必見です!

 

ディズニー・ウォーターパーク(Disney Water Park)

私たちは行けませんでしたが、WDWには2つのウォーターパークがあります。


それぞれにテーマと世界観があり、4大パークとは違った面白さがあります。

 

彼

絶叫系アトラクションが多いのも特徴です!

  

ディズニー・タイフーン・ラグーン(DIsney Typoon Lagoon)

©Disney

南太平洋に浮かぶ小島に台風が襲い、船が火山の頂上に打ち上げられた!

Disney

という設定のディズニー・タイフーン・ラグーン。

 

実際に、火山の頂上に乗っかってしまった難破船や、洞窟・サンゴ礁まで再現されています。

 

主なアトラクションは、次の2つです。

 

◎クラッシュン・ガッシャー

3コースからなる新体感のコースター型スライダー!

 

◎ギャングプランク・フォールズ

4人乗りのゴムボートに乗って、急流を一気に下ります!

 

彼

次行ける時は、この2つは乗ってみたいです!

  

ディズニー・ブリザード・ビーチ(Disney Blizzard Beach)

©Disney

ブリザード・ビーチのテーマは「溶けかけたスキーリゾート」。

常夏のフロリダに突如降った大雪!スキーのジャンプ台やリフトを作ったのはいいのですが、ここは常夏のフロリダ!
太陽が戻って雪が溶けかけてプールになってしまいました。

Disney

という凝った世界観のパークになっています。

 

このパークでは、タイフーン・ラグーンと同じく、
ダイビングやスライダー、チューブライドなどを
楽しむことができます。

 

主なアトラクションは、次の2つです。

 

◎サミット・プラネット

約37mの高さから、時速100kmでほぼ垂直に
落下する「世界で最も高く、最も速いウォータースライダー」です!

 

◎トボガン・レーサー

コースター専用のマットに乗り、8レーンから一人
ずつ一斉にスタートする、レース感覚のウォーター
アトラクションです!

  

商業施設

WDWには、2つの商業施設があります。

「ディズニー・スプリングス」と
「ディズニー・ボートウォーク」です。

 

パーク内でお土産を買い忘れた!という人も、
1日使ってのんびりショッピングを楽しみたい人にも、おすすめの施設です!

彼

魅力的なお土産が多くて、選ぶのが大変です!

 

ディズニー・スプリングス(Disney Springs)

東京ディズニーランドでいう「イクスピアリ」に
相当するのが「ディズニー・スプリングス」。

 

広大な敷地に、150以上ものお店が立ち並んでいます。

ディズニースプリングス
お店の一部ですが、こんなにたくさん。。。

 

ショッピングだけでなく、レストランも多いので、
1日中楽しむことができます。

 

また、パークで買い忘れたお土産を買うことが
できるので、ここで買い物をする日を作ると、
全力でパークを楽しむことができますよ!

 

ディズニー・スプリングスの中でもおすすめの
ショップは、「World of Disney®」

 

世界で最も広大なディズニーショップなので、
WDWでしか手に入らない商品がたくさんあります!

 

ディズニー・ボートウォーク(Disney’s Boardwalk)

ディズニー・スプリングスよりは小さい商業施設
ですが、湖に沿うように並ぶお店は、お洒落な建物
ばかりで、写真映えします。

 

レストランやお土産屋さんはもちろん、ライブハウスやジムがあり、ディズニーの中で日常を感じられるという面白さもあります。

 

 

WDWの3つの【日本との違い】と【おすすめポイント】

WDWには、東京ディズニーリゾートとは違った良さがありました。

 

今回はその中で3つ紹介します!

 

おすすめポイント

①キャラクターグリーディング(Character Greeting)

②マジックバンド(Magic Band)

③メモリーメーカー(Memory Maker)

  

キャラクターグリーディング(Character Greeting)

オラフ

WDWで、とても力を入れていているのが、
キャラクターグリーディング。

 

そのため、日本ではなかなか会えないような
キャラクターとも会うことができます。

 

特に、季節やイベントによって服装が変わるので、
かわいくておしゃれなキャラクターと写真を撮れるのは、テンションが上がります!

 

私たちが10日間でグリーティングをしてきた
キャラクターの数は40以上!
>>エプコット編

>>ディズニー・ハリウッド・スタジオ編
>>ディズニー・アニマル・キングダム編
>>マジック・キングダム編

 

グリーディングが大好きという人には、天国のようなパークだと思います。

 

白雪姫の自撮り
彼

「selfy!」と言うと自撮りもしてくれます!

  

白雪姫のサイン
彼女
彼女

サイン集めもすごく楽しかったです!

 

マジックバンド(Magic Band)

マジックバンド

WDW内で使える万能なマジックバンド。

 

主な機能

❏ホテルのルームキー
❏パークのチケット
❏ファストパス+
❏クレジットカード機能
❏アトラクションで取った写真の保存
❏メモリーメーカーの利用

 

マジックバンド一つで何でもできるので、
手ぶらでパークを楽しむのが基本のようです。

 

彼

貴重品を持ち運ばなくて済むのは、安心感があります!

 

マジックバンドは、直営ホテルに宿泊の場合、
チェックイン時に受け取ります。

 

ホテル予約時に、刻印する名前やバンドの色を
カスタマイズすることで、自分だけのバンドができます。

 

また、パーク内で、お気に入りのキャラクターの
絵が入ったバンドや、お洒落な色のバンドを購入することもできます!

 

メモリーメーカー(Memory Maker)

メモリーメーカーとは、パーク滞在中に、プロの
カメラマンに撮ってもらった写真を購入するプラン
のことです。

 

1枚から購入することも、たくさんの写真を
期間に応じた定額料金で購入することもできます。

 

ここは綺麗な写真が撮れそう!と思ったエリアには、
必ずと言っても良いほどカメラマンがいます。

ラプンツェルのランタン
思い出になる写真を撮って貰えます

 

また、カメラマンのテンションがとても高く、
サービス精神がすごいので、色々なポーズの写真や、
おしゃれに加工した写真も撮ってくれます!

ガストン
グリーティング中の写真も撮って貰えます!

 

プロのカメラマンに撮ってもらった綺麗な写真は、
一生の思い出になりますよ!

 

彼

私たちは、定額料金で900枚以上撮ってもらいました!

 

 

 

WDW旅行の注意点

禁止マークを持つ人

最後にWDWを心から楽しんでもらうために、
これだけは気を付けてほしい!という点を2つ紹介します。

 

遊び尽くすには日数が必要

WDWは、4大パーク+2つのウォーターパーク+
2つの商業施設から構成されているため、単純計算で8日は必要になります。

 

実際には、ウォーターパークへ行かなかったり、
商業施設は1日で周ったり…

そのため、もう少し日数は少なくて済みますが、実際に行った経験から「7泊9日」はあった方が良いかなと思います。

>>滞在日数と日程の決め方とおすすめスケジュールを紹介します。

 

彼女
彼女

複数のパークに入ることができるチケットもあります!

>>WDWを最大限楽しめる!【プラン別】4種類のパークチケットを紹介します。

 

日本より物価が高い

いわゆるパーク価格というものがあります。

 

東京ディズニーリゾートの物価をイメージしていましたが、WDWは1.5倍くらいの値段設定。。。

  

もう少し多めに予算を見積もっていけば「高い…」と思わずに、楽しめることができたかなと思いました。

 

まとめ:ウォルトディズニーワールド(WDW)の基本情報

ライフオブツリー

WDWのパーク情報やWDW旅行の注意点など、
基本情報について紹介してきました。

 

この記事のまとめ

❏4つのパークと2つのウォーターパークがある!
❏「マジックバンド」や「メモリーメーカー」のように魅力的なシステムがある!
❏全部周るのには「7泊9日」以上がおすすめ!

 

>>個人手配でWDW旅行するならミッキーネット!