スポンサーリンク

【WDW】映画『アバター』のパンドラエリア!人気スポットの楽しみ方を紹介!

【WDW】ウォルトディズニーワールド

ウォルトディズニーワールドの人気スポット「パンドラエリア」

 

全世界興行収入歴代1位に輝いた人気映画『アバター』をテーマにしたエリアです。

 

惑星「パンドラ」にある幻想的な植物や浮島が見事に再現されています。

 

彼

今回は、そんなパンドラエリアについて解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

パンドラエリアのアトラクション

©Disney

 

パンドラエリアには、2つのアトラクションがあります。

 

①アバター・フライト・オブ・パッセージ

②ナヴィ・リバー・ジャーニー

 

彼

1つずつ紹介していきます!

アバター・フライト・オブ・パッセージ(Avatar Flight of Passage)

©Disney

 

WDW1番の人気を誇るアトラクション。

 

このアトラクションを体験するために、海外から来る人もいるくらい。

 

 

スタンバイだと常に3時間以上並ぶので、ファストパス+は必ず取りたいアトラクションです。

 

彼

3時間は辛いね…

 

ですが、スタンバイ列は「アバター」の世界観が楽しめる造りになっているため、あえて並ぶ人もいます。

 

彼女
彼女

私たちも並んでみました!

 

スタンバイ列の一部を紹介します。

 

 

大きな絵が描かれている壁や…

 

 

アバターの実験の再現など…

 

 

 

他にも楽しい仕掛けがたくさんありましたが、ネタバレになってしまうため、ご自身の目で確かめてみてくださいね。

 

注意開園と同時に乗る場合は、ファストパス通路からの案内となるため、スタンバイ通路には行くことができないので注意!

 

アトラクションでは、バンシーの背中に乗って旅をします。

 

1人ずつバイク型の乗り物に乗り、3D映像とともにアバターの世界を体験することができます。

 

彼女
彼女

本当に背中の上に載っている感じがとても楽しかったです!

エリア  :パンドラ
種類   :ライド(3D)
FP+対応:あり
身長制限 :112cm以上
乗車人数 :1人

ナヴィ・リバー・ジャーニー(Na’vi River Journey)

©Disney

ボートタイプのライドアトラクション。

6人乗りのボートで、惑星パンドラの幻想的な世界観を楽しめます。

トリップアドバイザー

ライド系のアトラクションが苦手な人に、おすすめのアトラクションです。

彼

まるで本当に他の惑星に行った気分になります!

エリア  :パンドラ
種類   :ライド(ボート)
FP+対応:あり
身長制限 :なし
乗車人数 :6人(3人×2列)

パンドラエリアのダイニング・ショップ

パンドラエリアには、2つのダイニングと1つのショップがあります。

【ダイニング】

①ポング・ポング

②サトゥーリー・キャンティーン

【ショップ】

①ウィンドトレーダー

ポング・ポング(Pongu Pongu)

原住民ナヴィが飲んでいるカクテルやドリンクが販売されています。

©Disney

「Pongu Pongu」はナヴィ語で「Party Party」という意味。

メニューはこんな感じ。

おすすめはルンピア(春巻き)です。

トリップアドバイザー
彼女
彼女

パイナップルとクリームチーズの相性が抜群です!

エリア :パンドラ
タイプ :クイックサービス
時間  :朝(8:00~10:30)
     昼・夜(10:30~18:00)
メニュー:サンドイッチ/発光ドリンク/ルンピア
モバイルオーダー:なし

サトゥーリー・キャンティーン(Satu’li Canteen)

トリップアドバイザー

カジュアルなアメリカ料理が食べられるレストラン。

©Disney

惑星バンドラの食材をテーマに、ユニークな料理が多いのが特徴。

トリップアドバイザー
彼

モバイルオーダーができるので、時短で食べられます!

エリア :パンドラ
タイプ :クイックサービス
時間  :昼・夜(10:30~18:00)
メニュー:ビーフ/チキン/エビ/麺
モバイルオーダー:あり

ウィンドトレーダー(Windtraders)

パンドラエリア唯一のショップ。

アバターに関連したお土産がたくさん並んでいました。

ここで人気なのは、上の写真に写っている謎の装置。

自分の顔を読み込んで、世界に一つだけのアバターを作ることができるそうです。

彼

1つ79ドル(約9,000円)です!

パンドラエリアのフォトスポット

パンドラエリアは、映画が再現されていて、圧巻の世界が広がっています。

空に浮かぶ「浮島」

歩くたびに光る不思議な地面。

綺麗なスポットには必ずカメラマンがいるので、写真をたくさん撮りました。

地球とは思えないレアな写真が撮れるのでおすすめです!

 

WDWで思い出の写真をたくさん保存するには「メモリーメーカー」がおすすめ!

まとめ:パンドラエリア

いかがだったでしょうか?

今回は、パンドラエリアについて紹介してきました。

WDWで一番人気のエリアをぜひ楽しんでください!