スポンサーリンク

つみたてNISA【運用益3%以上!?】積立投資で利益が出る仕組みを解説!

チャートマネー
Aさん
Aさん

時代は「長期・分散・積立」投資!

Bさん
Bさん

初心者は「つみたてNISA」をやっておけば間違いないよ!

 

というセリフを1度は聞いたことがあると思います。

本屋さんやネットでも「投資信託」や「つみたてNISA」についての情報がたくさん。

 

まさに一大ブーム。

結論としては上のセリフは「全部正しい」です。

 

しかし、

・どうして長期・分散・積立投資が良いのか?
・どうしてつみたてNISAが良いのか?

という部分は、あまり理解していない人がほどんど。

 

そこで!

今回は、上の2つを踏まえて「なぜ利益が出るのか」解説していきます。

 

スポンサーリンク

【年金】身近な長期・分散・積立投資

まずは、長期・分散・積立投資はなぜ良いのか?
について解説していきます。

 

私たちの身近なもので、長期・分散・積立投資をしているものがあります。

それは「年金」です。

 

Aさん
Aさん

年金って運用されているんだ!

実は、年金もリスクを取って運用されており、その事実を知らない人は結構多いです。

 

私たちの年金はどのように運用されているのでしょうか。

実際に年金の運用実績を見ていきましょう。

 

年金運用のポートフォリオ

まずは年金運用のポートフォリオ(資産構成割合)です。

 

年金積立金管理運用独立行政法人HP

年金運用は、複数の資産に投資する「分散投資」を用いて、ポートフォリオを策定しています。

 

彼

投資信託の「バランス型ファンド」と似ているね!

 

なぜ、年金運用では「分散投資」をしているのでしょうか?

下の図をご覧ください。

主要4資産と分散投資した場合のリターンの推移
年金積立金管理運用独立行政法人HP

2004年から2019年まで、4つの資産の内、どの資産が一番リターンがあったのかを示しています。

 

注目すべきは青色の「4資産分散」の順位。

1位にはなりませんが、5位にもなっていません。

リスクとリターンが安定していると言えます。

 

このように、分散投資は「リスクを極力抑えながら、最大限収益を上げる」ことができるのです。

彼女
彼女

私たちの年金は比較的安定な方法で運用がされているんだね!

 

年金運用のリターン

次は、年金の利益(リターン)について見ていきましょう。

 

下の図は、2001年から2019年まで年金を運用した結果を示しています。

グラフ
年金積立金管理運用独立行政法人HP

 

約20年運用した結果、年率で3%近い運用成績を残しています。

彼女
彼女

分散投資を「長期間」続けても結果が出ているね!

 

上の章で「分散投資」をするメリットは分かったと思いますが、「長期投資」のメリットはなんでしょう?

長期投資のメリットについて見てみましょう。

 

下の図は、100万円を年金のポートフォリオで1年間保有した場合の運用成果です。

100万円を1年間運用した結果
年金積立金管理運用独立行政法人HP

1年間の運用成績をみると、元本を割り込んでしまった年がいくつかあることが分かります。

 

一方、下の図は同じポートフォリオで10年間保有した場合の運用成果です。

100万円を10年間運用した結果
年金積立金管理運用独立行政法人HP

 

10年間の運用成績をみると、平均して元本を割り込んだ年はありませんでした。

1年ごとにみると利益が出た年と、損失が出た年がありますが、長期間運用すると複利効果で収益が積みあがっていきます。

 

彼

分散×長期投資で運用に「安定感」が増しますね!

 

年金運用を見ていくと、長期・分散投資のメリットと実績について理解できたと思います。

積立投資のメリットについては、次の章で説明します。

 

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

 

【つみたてNISA】はなぜおすすめ?

次に、つみたてNISAがなぜおすすめなのか?について解説していきます。

 

金融庁HPには次のような記載があります。

 

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

金融庁HP

 

端的に言えば、つみたてNISAは、投資初心者が簡単に「長期・分散・積立投資」できるように誕生した制度なのです。

彼

「年金の仕組み」を個人でも作ることができるんだね!

  

つみたてNISAの最大のメリットは、その名の通り「積立投資」できること。

 

積立投資はなぜ良いものとされているのでしょうか?

次の章で見ていきましょう。

 

【つみたてNISA】の積立投資のメリット

早速、下の図を見てみましょう。

 

金融庁HP

 

最初に、4万円分の投資信託を一括で購入した場合と、1万円ずつ分割して購入した場合の比較です。

 

投資信託には必ず値動きがあるので、分割購入の場合「安い時には多くの口数を、高い時には少ない口数」を購入することになります。

 

その結果、4か月経った時点で比べると、分割して購入した方が、多くの口数を保有できることになります。

彼

分割購入するだけで、より多くのリターンが見込めるんだね!

  

 

このように、分割購入することを「積立投資」といい、手軽に合理的な投資ができるようになります。

 

彼女
彼女

毎月定額で購入していくだけなら、投資初心者でもできるね!

 

 

【つみたてNISA】で長期×分散×積立投資

ここまでご覧になった人は、つみたてNISAで「長期×分散×積立投資」が初心者でもできる、合理的な投資方法であることを分かっていただけたと思います。

 

次は、4つの資産をどのように購入していくか?

という部分についてです。

 

下の図を見てみましょう。

各資産のリスク(標準偏差)と期待リターン
年金積立金管理運用独立行政法人HP

この図では、4つの資産のリスク&リターンが示されています。

彼

株式はハイリスク&ハイリターン、債券はローリスク&ローリターンだね!

 

さらに、下の図を見てみましょう。

2000年に4つの資産に100万円ずつ投資したと仮定した場合の資産額推移を示しています。

長期投資による主な資産の価額推移2001年~2018年
年金積立金管理運用独立行政法人HP

 

2001年から2019年まで最終的にプラスになっていますが、途中元本が割れている資産もあります。

彼女
彼女

「外国株式」は最終的に一番プラスになっているけど、途中元本割れているね。

 

どの資産を、どの配分で買うかは、その人のリスク許容度によります。

 

Aさん
Aさん

全てハイリスク&ハイリターンな「外国株式」で運用するぞ!

Bさん
Bさん

安全に年金運用と同じように25%ずづ運用したいな。

 

つみたてNISAでは、途中で資産の入れ替えもできるので、まずは始めてみてから考えてもいいかもしれませんね。

 

ちなみに、私たちが2020年1月から続けているつみたてNISAの「運用実績&購入商品」について紹介している記事はこちらです↓

 

まとめ:長期×分散×積立投資で利益が出る仕組み

いかがだったでしょうか?

 

今回は、最近よく聞く「長期×分散×積立投資」で利益が出る仕組みについて解説しました。

 

資産運用を既に始めている人にも、これから始める人にとっても、理解の一助になれば幸いです。