スポンサーリンク

20代におすすめ!つみたてNISAって何?資産形成への第一歩

マネー

「つみたてNISA」と聞いて、どのようなイメージを持っていますか?

 

Aさん
Aさん

仕組みがよく分からない…

Bさん
Bさん

投資とか元本割れとか怖いイメージがあるな…

 

仕組みが分からないものに手を出して、損するのを避けたいという気持ちは、当たり前ですよね。

 

一方で、老後や豊かなライフプランのために「資産形成」をしたいという気持ちもあると思います。

 

そこで!

 

今回は、「つみたてNISA」の仕組みとメリット・デメリットを紹介したいと思います。

 

<br>彼女

彼女

理解すれば、怖さも無くなるはず!?

 

なんとなく怖くて手を出せない人も、この記事を読めば一歩を踏み出せると思います。

 

特に、私たちと同じ若い世代の方には超おすすめなので、是非最後までご覧ください!

 

「ころころ夫婦」ってどんな人?興味を持ってくれた方はこちらの記事!

 

こんな人におすすめ

つみたてNISAについて知りたい人!
メリットとデメリットを知りたい人!
ほんとうに利益が出るのか知りたい人!

 

スポンサーリンク

NISAとは?

クエスチョンマーク

NISAが「株や投資信託といった金融商品を買うこと」に関係していることは、なんとなく理解できていると思います。

 

株や投資信託を買うときには必ず、「証券口座(一般口座)」というものを作ります。

 

彼女
彼女

銀行の普通預金口座のようなイメージです!

 

NISAというのは、この一般口座とは別に「特定口座」という枠を作ることをいいます。

 

このNISAは、目的別に選べるように「つみたてNISA」「一般NISA」「ジュニアNISA」の3種類があります。

 

まずは、このNISAが一般口座と比べてどういった違いがあるか見てみましょう。

 

彼

今回は「つみたてNISA」と「一般NISA」をピックアップ!

 

一般口座NISAつみたてNISA
利用できる人20歳以上20歳以上20歳以上
運用できる商品制限なし株・投資信託
ETF・REITなど
長期・積立・分散
に向いている一部の投資信託等
年間投資上限額上限なし120万円/年40万円/年
運用できる期間無制限5年間20年間
途中引出いつでもいつでもいつでも
運用課税20%非課税非課税
受取課税非課税非課税非課税

 

重要なのは「NISA口座で運用した利益は非課税ですが、年間投資上限額がある」という点です。

 

彼女
彼女

いくらでも投資できるわけでなく、制限があるんだね!

 

NISAの仕組みについて、理解できましたでしょうか?

 

つみたてNISAのメリット

風船の束

次に、NISAの中でなぜ「つみたてNISA」をおすすめするのか、メリットとともに紹介します。

 

運用益が非課税

先ほどの表にあった通り、一般口座での投資の場合、運用益に対して毎年約20%の税金がかかります。

しかし、つみたてNISAでは、20年間税金がかかりません。

 

つみたてNISAは、一般NISAと比べ非課税期間が長く、長期的な資産運用ができるのでおすすめです。

 

彼女
彼女

長期的に運用することで、複利効果が期待できます!

  

少額からできる

積立額は金融機関や証券会社によって異なりますが、ネット証券などでは100円から積み立てられるものもあります。

 

生活の負担が少ない少額から「長期的に資産形成」を目指すことができます。

 

彼

少額から始められるので、20代でもできるね!

 

投資対象が厳選されている

通常、数千種類の投資信託の中から、自分に合った商品を探す必要があります。

 

しかし、つみたてNISAでは、金融庁が審査・厳選した約170種類の投資信託の中から選ぶことができるので、初心者の人でも安心して選ぶことができます。

 

彼女
彼女

金融庁が審査しているので、高リスクな商品は少ないです。

  

参考

つみたてNISAは、少額からの長期・積立・分散投資に適した商品を扱うことで、初心者をはじめ、幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みを目指して作られました。

 

つみたてNISAのデメリット

割れた植木鉢

次は、つみたてNISAのデメリットについて確認しましょう。

 

元本保証はない

金融庁の審査で厳選されているとはいえ、投資信託などの価格は、経済・景気動向の影響を受けます。

 

場合によっては、元本割れを起こす可能性もあります。

 

彼

元本が保証された預金とは違うとの意識を持っておくことが大切です。

 

所得控除の対象外

所得控除とは「掛け金を収入額から差し引くことができる」こと。

 

つまり、その分課税所得が少なくなり、税金が安くなるというメリットがあります。

 

つみたてNISAの積立金額は、所得控除の対象にならない点は、デメリットだと言えます。

 

非課税枠の持ち越しができない

つみたてNISAでは、運用益が非課税となる年間投資限度額が40万円となっています。

 

しかし、この40万円を上限まで使わなかったとしても、残りを翌年に持ち越すことはできません。

 

例えば、今年30万円しか積み立てずに10万円の枠が残っても、その10万円を翌年に持ち越して、来年50万円の枠を作ることはできません。

 

つみたてNISAで本当に利益が出るの?

コインを持つ女性の手

NISAって本当に利益が出るのでしょうか?

 

多くの人が疑問に思う部分について、解説していきたいと思います。

 

つみたてNISAの強み

つみたてNISAを始めると、利益がでる3つの秘訣があります。

 

利益が出る秘訣

①長期運用
→長期間運用することで、元本割れをする傾向が低くなります。(金融庁調べ)

②分散投資
→時間・地域・銘柄を分散できるので、リスクを回避しやすい。

③積立投資
→定額買付なので、値が安い時には多くの口数を購入することができます。

 

3つの強みを詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください!

 

つみたてNISAのシミュレーション

つみたてNISAで想定される利回りは、3%・5%・7%の間。

 

あくまで想定ですが、長期的に運用するとこれくらいの利回りが期待できます。

 

彼

定期預金の年利0.01%と比べると、差は歴然。

 

実際に、将来的にどれくらいの資産になるのか気になりますよね。

 

シミュレーションで確認してみましょう!

金融庁のHPにあるシミュレーションはこちら

 

例えば
・毎月積立金額→3万円
・想定利回り→5%
・運用年数→15年
の場合

金融庁HP

 

積み立てた元本が540万円に対し、運用収益は261万円。

 

かなりの利益が期待できることが分かると思います。

 

彼女
彼女

定期預金で同じ条件で運用すると、運用収益は4千円。

 

投資未経験者・初心者でも、つみたてNISAであれば、しっかりとした資産形成ができます。

 

まとめ:つみたてNISAって何?

虫眼鏡

いかがだったでしょうか?

今回はつみたてNISAについて紹介しました。

 

将来が不安だったり、資産形成を考えている人は多いと思います。

 

金融庁が「投資初心者でも資産形成をするための制度」として作られた「つみたてNISA」を利用しない手はないですね!