スポンサーリンク

【つみたてNISAの米国株ファンド】ハイリスクでもおすすめ?初心者でも安全な株式投資とは

マネー
Aさん
Aさん

「米国株」だけやっておけば間違いないよ!

Bさん
Bさん

「つみたて」なら、なおさら米国株だよ!

 

こういったセリフを一度は聞いたことがあると思います。

本屋さんやネットでも「米国株」についての情報がたくさん。

 

しかし、

・どうして米国株が良いのか?
・どうして「つみたて」なら米国株良いのか?

という部分は、あまり理解していない人がほどんど。

 

そこで!

今回は、上の2つを踏まえて「米国株について」解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

米国株のメリットとデメリット

まずは、下のグラフを見てみましょう。

 

これは、1990年末を基準(100)として、
米国のS&P500とTOPIX(東証株価指数)の推移を比較したものです。

 

彼

S&P500とTOPIXは日米を代表する株価指数です。

 

日米の推移
マネックス証券

グラフを見れば一目瞭然ですね。

 

30年間で米国のS&P500が9倍以上に上昇しているのに対し…

日本のTOPIXは30年前の株価にさえ達していません。

 

彼女
彼女

どうして、こんなに米国株は強いの?

理由は3つあります。

①常にイノベーションの中心であるから
→Amazon、Microsoft、apple、FacebookなどのIT企業から、Disney、MacDonald、Coca-Colaなど有名な企業が米国生まれです。

②常に激しい競争が繰り広げられているから
→米国は年功序列・終身雇用とは真逆の世界。業績が芳しくない企業の経営者は容赦なく追放されるため、常に業績や株価上昇へのプレッシャーがあります。

③人口増加や経済成長の伸び代があるから
→先進国の中では珍しく人口が増加しており、経済成長の伸び代があります。

 

彼女
彼女

逆に、短所はある?

短所も3つあります。

①為替リスク
→購入時と売却時の2回にわたり、為替リスクが発生します。

②課税リスク
→米国内で得た利益や配当に対して米国の10%課税が適用され、さらに日本国内においても20.315%の課税がされます。

③ハイリスク&ハイリターン
→債券や日本株と比べて値動きがあるので、安全志向の人には不向きです。

 

各資産のリスク(標準偏差)と期待リターン

 

米国株について、長所と短所を簡単に解説しました。

 

米国の社会風土や経済成長の余地を考えると、今後も米国株は強いと考えられます。

 

彼

資産の一部でも米国株で運用した方が良さそうだね。

彼女
彼女

けど、リスク考えると、なかなか一歩を踏み出せないよね。

 

日本株や債券では考えられないリターンを期待できるのは、米国株の大きな魅力。

なるべくリスクを取らずに、米国株の恩恵を得たいと思いますよね。

 

次は、「米国株の短所」を如何にカバーするかについて解説します。

 

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

 

【つみたてNISA】で米国株ファンドを始めよう

米国株の短所を如何にカバーするか。

 

そこで登場するのが「つみたてNISA」です。

 

つみたてNISAの主なメリットは2つ。

①運用利益は非課税

②投資収益率は2~8%に収斂

 

つみたてNISAの運用利益は非課税

通常、投資の運用益には約20%の税金がかかりますが、つみたてNISAの場合20年間非課税です。

 

そのため、米国株のデメリットであった「課税リスク」を抑えることができます。

 

つみたてNISAで運用することによって、米国株のリターンの恩恵を余すことなく受けることができます。

 

彼女
彼女

20%の税金負担は結構重たいですよね。

 

つみたてNISAは投資収益率が2~8%に収斂

また、2つ目のメリットは、画期的な内容になっています。

 

金融庁のHPに掲載されている、下の図をご覧ください。

金融庁(つみたてNISAについて)

 

20年間、毎月同額を購入し続けた場合、
収益が2~8%の範囲に収まることが分かります。

 

彼

20年間つみたてをして、元本割れする可能性はほとんど0なんだね!

 

つまり、ハイリスク・ハイリターンな米国株ファンドを買っても、長期間運用をすれば一定の収益が得られる可能性が高いのです。

 

彼女
彼女

だから、つみたてNISAで米国株がおすすめなんだね!

 

約8割「米国株ファンド」を購入している私たちの【つみたてNISAの運用益】についての記事はこちらです。

つみたてNISAで【運用益3%以上】が出る理由を解説!積立投資のメリットについての記事はこちらです!

 

 

まとめ:米国株&米国株ファンドって本当にいいの?

今回は、最近よく聞く「米国株&米国株ファンド」がなぜ良いのか?について解説しました。

資産運用を既に始めている人にも、これから始める人にとっても、理解の一助になれば幸いです。

 

【まとめ】

①米国株は、日本株に比べ大きなリターンを期待できる。
②米国株のデメリットは、つみたてNISAの制度を使うことで、カバーできる。