スポンサーリンク

台北の気候

【旅行記】台湾・台北

台北へ旅行に行く際、気になることの1つに、渡航時期の天気や天候の状況を知りたいという悩みがありますよね。

台湾はマンゴーやパインに代表されるように、「南国」のイメージを持たれる方も多いと思います。

実際、台湾は沖縄と同じ気候区分である「亜熱帯気候」の国であるため、南国のイメージは間違っていません。

しかし、一年中暖かいというわけではなく、日本と同じように時期ごとに気候の特徴があります。

今回は、そんな台湾・台北の気候と天気について実際の体験を交えながらお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

3月から4月

春休みや卒業シーズンなどで連休になりやすい3月と4月。

国内・国外問わずたくさんの人が旅行に行く季節です。

台北では、10月から11月の時期と並び、比較的過ごしやすい季節となります。

ただし、寒暖差がとても激しいので、脱ぎ着して体温を調節できる服装が必要となります。

実際に私たちもこの時期に台北を訪れましたが、朝と夜は長そでのニットが必要な温度で、昼間は日差しが強く半そででもいいくらいの温度でした。

寒暖差を考慮した服を持っていくことをおすすめします!

5月中旬から6月中旬

5月と6月は台湾の梅雨の時期です。

よくある失敗の一つに、日本の梅雨を避けて旅行に行けたと思ったら、台北でも梅雨だったということがあるみたいです。

日本ではGWなどの連休を取得して台北を訪れる方も多いと思いますが、レインコート傘などの雨対策を怠らないようにしましょう!

私たちは、歩きやすいスニーカーの他に、サンダルやクロックスなどを持って行って履くようにしています。

雨に濡れても足元が不快にならないため、とてもおすすめです。

ただ、その他の時期でも台湾では雨が降る日が多い点には注意が必要です。

台北は降水量が多い地域ですので、基本的には雨対策をしっかりすると良いと思います!

7月から9月

7月から9月は日本ではお盆休みや夏休みシーズンで、連休を使い台北に訪れる人も多い時期です。

ただ、台湾では台風シーズンです。

残念なことに、日本でも台風シーズンですが、台湾でも台風が来てしまうんです。

ちょうど台風に当たってしまうと観光地を歩いて周ることができないというリスクもありますが、この時期には旬を迎えるマンゴーの品種が多いと言われています。

台風ばかりは旅行の時になってみないと分からないですが、もし運よく台風を避けて行くことができたならば、常夏の台湾と旬のフルーツを楽しめる最高の時期だと言えます!

10月から11月

10月と11月は、シルバーウィークなどで連休を使って台北に訪れる人が多い時期です。

台湾ではとても過ごしやすい時期の一つとなります。

朝と晩はカラッとして涼しいですが、日中は太陽の日差しが強く、半袖でないと暑いくらいまで温度が上がります。

半袖にパーカーなどの羽織りもので、暑さを調節すると良いと思います。

この時期は、降水量が多い台湾としは珍しく降水量が少ない時期です。

私たちも11月に台北を訪れましたが、雨の日はほとんどなく、気温も最適で過ごしやすかったので、台北旅行にはもってこいな季節だと言えます!

12月から2月

12月から2月は冬休みや年末年始などの連休を使って台北に訪れる人が多い時期です。

日本では冬の季節ですが、台湾は日本と同じく冬のため、南国といえど肌寒い日も多くなります。

寒さ対策はしっかりしていくことをおすすめします。

また、降水量は少ないですが、雨の日には実際の気温より寒く感じる日が多くなります。

傘や防寒着などをしっかり持っていくようにしましょう!

まとめ

最も寒い1月でも平均気温は16度ほどなので、日本と比べると1年を通して暖かいと言えます。

梅雨と台風を避けた時期で、暑すぎず、そして寒すぎない3月から4月、または11月が最も過ごしやすいおすすめ季節であると言えると思います。

その他にも、南国ならではの暑さを体験したい方や、マンゴーなどのフルーツを楽しむことを重視する方には、5月から9月がおすすめです。

目的に合わせた時期を選んで、ぜひ台北旅行を楽しんでください!

コメント