スポンサーリンク

社会人2年目で【500万円】貯金した私たちが気をつけている「3つ」のこと。

カップル・夫婦

こんにちは!

私たちは、社会人2年目のカップルの「ころころ夫婦」です。

早速ですが、皆さんの中で、こんな悩みをお持ちの人はいませんか?

 

Aさん
Aさん

なかなかお金が貯まらない。。。

Bさん
Bさん

貯金をして趣味や好きなことに使いたいなあ。。。

 

そんな皆様のために、今回は私たちが実践している【貯金をする上で気を付けている3つのこと】をお伝えしていきたいと思います。

 

【私たちのプロフィール】

①大学4年生の時、2週間フロリダ・ウォルト・ディズニー・ワールド旅行

②国内旅行20回以上、海外旅行4か国

③社会人1年目の時には貯金200万円

 

共通の趣味である「旅行」を楽しむために、貯金に励んできました。

 

そんな私たちが見出した「貯金方法」ですので、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

彼

5年間の話し合いと試行錯誤の結果です!

 

 

こんな人におすすめ

カップルで貯金を始めようと考えている人。
なかなか貯金ができない人。
夢や目標に向かって貯金を頑張りたい人。

 

スポンサーリンク

無理のない目標を決める

目標が高すぎて、途中で挫折してしまうのが一番勿体ないこと。

 

ストレスがかからない程度の負担から始めるのがポイント。

彼

「無意識」の内に貯まってる!っていう状態が一番!

 

毎日目の前にケーキがある状態でダイエットをするのが難しいのと同じように、貯金や節約のことばかり考えるとストレスが溜まり、発散でお金を使ってしまいがちです。

 

最初は少なく、慣れてきたら徐々に貯金額を増やしていくようにしましょう。

 

目標の決め方

大きい目標の設定と同時に、小さい目標もしっかり立てることがコツです。

例えばこんな感じ。

 

【大きい目標】

・30歳までに500万円貯金する。

・60歳以降悠々自適な生活を送る。

【小さい目標】

・毎月2万円貯金する

・年間30万円貯金する

 

小さい目標を達成し、成功体験を作っていくことで、だんだん楽しくなっていきます。

彼女
彼女

節約や貯金がまるでゲームのように感じられます!

 

最初に貯金分を引く

2つ目のポイントは「最初に貯金分を引く」です。

 

この方法のメリットは「節約・貯金について考えなくて済む」こと。

 

最初に貯金分を引くと、残りのお金は自由に使えるお金になります。

 

そうすると、毎日貯金のことついて考えなくて済みますし、月末に貯金できてないことに悩まなくて済みますよね!

彼

毎日預金のことばかり考えるのはストレスになりますよね。

 

引いたお金に手を出してしまいそうと思う人は、引いたお金は違う口座に移すなど、手をつけられないようにしましょう。

彼女
彼女

貯金専用口座をつくるといいかも!

 

貯金がうまく行かない人にありがちなのが「余ったお金を貯金する」こと。

 

余ったお金は毎月変動するので、計画的に貯金ができません。

 

そうなると、「今月は飲み会が多いから少なくてもいいかな」とか「来月少し多めに貯めよう」という考えになりがちになります。

 

彼

貯金のコツは上記にもある通り「無意識化」です。

 

無意識のうちに給料から引いておいて、貯金や節約について悩まなくて済むようにしましょう!

  

お金の置き所を変える

せっかく節約や貯金をしてるなら、少しでもお金を増やしたいですよね。

 

そこで登場するのが、最後のポイント「お金の置き所を変える。」です。

 

例えば「普通預金」に貯金をすると…

【普通預金】

・メリット
→入出金が自由。

・デメリット
→低金利(0.001%~)

 

「老後資金」や「教育資金」などしばらく使う予定のない貯金は、少しでも金利の高い所に預けたいですよね。

 

そこで金利が少し高い「定期預金」に預けると…

【定期預金】

・メリット
→金利が普通預金より高い(0.01%~)

・デメリット
→入出金が制限される。(途中解約は基本出来ない。)

彼

定期預金の金利もそこまで高くはないよね。。。

 

また「貯金から投資へ」の流れの中で、iDeCoやNISAなど、今の時代はリスク変動がある金融資産を作ることが必要とされてきています。

  

【NISA】

・メリット
→運用益が非課税。
 いつでも引き出せる。
 定期預金より高い利回りが期待できる。

・デメリット
→リスク変動がある。(元本割れの可能性)

【iDeCo】

・メリット
→運用益が非課税。
 掛金が所得控除される。
 定期預金より高い利回りが期待できる。

・デメリット
→60歳まで引き出しできない。

 

大きなリターンを得る可能性の他に、元本割れの恐れがあるので、なかなか大きな金額を使うことはできませんよね。

 

このように、お金の置き所によってメリット・デメリットがあります。

 

投資・資産形成初心者におすすめの証券会社はこちら!

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

 

だからこそ、貯金するお金についてしっかり色分けすることが大切なのです。

彼女
彼女

短期貯金と長期貯金に分けるのがおすすめ!

 

例えば収入が25万円で毎月5万円貯金するとしたら…

・普通預金に入れるもの
→生活費20万円と【旅行貯金2万円】

・定期預金に入れるもの
【結婚資金2万円】

・NISAまたはiDeCoにいれるもの
→【老後資金1万円】

というように、普通預金に入れておくだけでなく、「お金の置き所を変える」と少し貯金を殖やすことができます。

 

関連記事
資産形成を始めるならおすすめ!つみたてNISAについて紹介している記事はこちら!

 

まとめ

金貨

いかがだったでしょうか?

貯金の仕組みを1度作ると、その後「無意識」に貯めることができるので、是非実践してみてください!

 

参考記事
カップル必見!2人でたくさん貯金するための【ルール・管理術】を紹介している記事はこちら。