スポンサーリンク

プーケットの移動手段

【旅行記】タイ・プーケット

慣れない土地での移動手段はとても大切ですよね。

その中でも、ぼったくりや値段交渉といったことは、 出来るだけ避けて通りたいもの。

私たちも移動手段についてだいぶ悩みましたが、

①安く
②安全に
③スケジュール通り

を基準にプーケットを楽しんできました。

今回はプーケットの主な交通手段を紹介します。

スポンサーリンク

タクシー

今回の移動の大半はタクシーで移動しました。

移動の王道手段で、料金は高いですが、 快適さと安全さは、値段に変えられません。

ただ、街中で捕まえたり、空港などでの客引きのタクシーに乗るのは危険なので、 旅行の行程がある程度決まっているならば、 その分の移動手段は確保したほうがいいと思います。

そのため私たちは、 空港⇄ホテル、ホテル⇄プーケットシティツアー は全部日本で予約をしてから行きました!

タクシーの予約は、 ツアー予約や、プーケットのアクティビティについて調べる際にたくさん利用させて頂いた、 プーケットゴールドトラベルがおすすめです。

こちらの記事もぜひ!!

予約の際に何気ない質問をしても丁寧に答えてくれたり、現地での交渉が不必要だったり、値段が上がることもないので、とても安心です!

日本語での予約ができることも安全できるポイントです。

そして、なによりも時間通りに、安全なドライバーを派遣してくれるので、ぜひぜひ利用してみてください!

ちなみに、値段は
空港⇄ホテル
往復1,400バーツ(約5,000円)

シティツアー(5時間)
1,700バーツ(約6,000円)

となります。

バイクタクシー

モトサイラップチャンとタイ語で呼ばれ、現地の人の人気の交通手段となっているのが、バイクタクシーです。

パトンの街の中を移動するにはとても便利で、安くて速い移動手段を求める方にはおすすめです。

街角にバイクを止めて客待ちをしているバイクタクシーがたくさんいるので、探し回る必要性もなく便利です。

パトンビーチの中心内では40~50バーツと言われていて、距離によって値段は変動します。

また、同乗者もヘルメットを被ることが義務付けられています。

トゥクトゥク

通常3輪自動車型であり、2~4人程度が乗れるようになっていますが、プーケットのトゥクトゥクは4輪軽自動車型で、3~6人乗れるようになっています。

私たちが象乗りのツアーを予約した際、ホテルに迎えに来てくれたのがこのトゥクトゥクでした。

プーケットの綺麗な景色を眺め、風を感じながら移動できるのは、タクシーにはない大きな魅力です。

ツアー以外でも街中で客待ちをしていることが多く、基本的に料金は交渉によって決まります。

事前に運転手の方と料金の相談をすることが必要です。

しかしながら、トゥクトゥクを利用している人の中には、最初に値段を聞いて乗ったにも関わらず倍額の値段を請求された!というトラブルに巻き込まれる人もいます。

というのも、事前の交渉で話した金額が一人分だった、というものが多いそうです。

事前に伝えられた値段が一人分の料金なのか、等をきちんと確認してトラブルを防ぎましょう。

ソンテウ

トゥクトゥクよりも大きく中型トラック型の公共バスで、10~20名乗れるようになっています。

プーケットタウンを発着地点として、パトン地区・カロン・カタ地区・スリンやバンタオ地区を行き来しています。

ソンテウの良い点はとにかく値段の安さ

空港からパトンビーチにいく際、タクシーなら500〜700バーツかかるところ、ソンテウならなんと30バーツ程で行くことができるのです。

ただ、値段が安い分、明確な時刻表なども無く
ゆっくり走るソンテウは目的地に到着するまでの移動時間が掛かりすぎるのが難点。

私たちも最初、利用してみようと思いましたが、スケジュールが組みづらいため、利用を諦めました。

時間に余裕がある方や、ローカルな雰囲気を味わいたい方にはオススメです!

プーケットスマートバス

【Phuket Smart Bus HPより】

島内の交通手段として最新のものとして知られているものです。

スマートフォンの専用アプリでバスの現在地が分かるため、ソンテウの難点を克服したものと言え、便利な移動手段です。

さらに、運賃が安くエアコン効いていてWi-Fiもあるという快適さ!

スマートバスの時刻表

【Phuket Smart Bus HPより】

プーケット空港からラワイビーチまで全部で12の停留所があります。

バンタオビーチ、スリンビーチ、カマラビーチ、パトンビーチ、カロンビーチ、カタビーチ、ラワイビーチと、プーケット西岸のほぼ全てのビーチに停まります。

また、主要な駅の乗降車の位置は下のようになっています。

プーケット空港国内線ターミナル
バンタオビーチボートアベニュー
パトンビーチ空港から到着⇒ジャンセイロン
空港へ出発⇒バングラロードのビーチ側の入口
カマラビーチビッグCとプーケットファンタシー
カロンビーチカロンロータリー
カタビーチクラブメッドの裏

スマートバスの料金

【Phuket Smart Bus HPより】

距離によって変わりますが、最安値で50バーツ、最高値でも170バーツです。

料金の支払いは、スマートバスの車中でプリペイドのスマートカードを買ってください(現金での支払いはできません)。

また、プリペイドカードのチャージは、プーケットにある指定のショップやレストランでできるそうです。

まとめ

プーケットにはいろいろな移動手段があります。

自分でバイクをレンタルするのも良いと思いますし、トゥクトゥクやバイクタクシーで移動を楽しむのも旅ならではだと思います。

また、プーケットスマートバスのように最新の便利な交通手段もありますので、皆様の旅行スタイルに合わせて、楽しいプーケット旅行にしてください!

コメント