スポンサーリンク

5日目 5月1日

【旅行記】タイ・プーケット

この日の予定は

10:00 パトンビーチでのんびり
13:00 象のり再チャレンジ
16:15 送迎
17:45 空港着
19:45~21:10 プーケット→バンコク
23:55~6:40  プーケット→新千歳

今日はなんといっても象のりの再チャレンジ。

60分のツアーなので、空港行きのタクシーの送迎時間に間に合うか不安でしたが、プーケットで一番やりたいことだったので、ハラハラで祈るような気持ちでした。

朝9時30分過ぎ、のんびりと起きて、朝のパトンビーチへ。

ホテルからパトンビーチは500mほどだったので、気が向いたら海に行けるのは今回の旅で一番良かった点でした。

朝のパトンビーチもたくさん人がいて、それぞれが幸せそうにリゾートを楽しんでいるのが良い雰囲気でした。

気温も天気も気持ちいい朝でした!

2時間ほどパトンビーチでゆっくりしたあと、
おなかも空いたので、近くのカフェへ。

となりのフレッシュジュースもおいしかったです。

疲れた体に甘いワッフルは格別でした。

その後いよいよ象のりツアーへ。

スポンサーリンク

象乗りツアー(2回目の挑戦)

昨日と同様、8人乗りのトゥクトゥクに乗り向かいます。

所要時間は20分ほど。

ツアー参加者のホテルを巡りながら向かっていきます。

外の風が天然のクーラーのようでとても気持ちよかったです。

 

トゥクトゥクってなに?プーケットの交通手段についてはこちら!

 

30分ほどで、象乗りツアーの会場に到着します。会場はこのあたり。

20分ほど待合室のような場所で順番を待ちます。

名前が呼ばれると、象のりツアー出発です!

象の上にマットや椅子がたくさん載せられて、
その上に座ります。

たくさんの荷物を載せられて、象がかわいそうだなと思いながらも歩き始めます。

ツアーにはこのように象を酷使するアクティビティに批判が集まっていて、動物の自然な姿を見て、一緒に楽しむアクティビティの人気が増えているそうです。

実際に行ってみて、かわいそうと感じたので、次回以降は違う形のアクティビティに参加したいと思いました。

ただ、象の上は意外と乗りやすく、歩行に合わせた揺れが心地良かったです。

外は固くて、中は少し柔らかい

象の頭を上から見るのはもちろん初めてで、せっかくなので、象を触ってみました。
毛と皮膚はとても硬く、筋肉質な感じでした。

象に乗ってどんどん険しい坂を上へ登っていきます。

ガイドの人に声に合わせて象が歩きます。

20〜30分くらい登ったら、見晴らしの良い場所に到着。

山の上からパトンの海が

ガイドの人にたくさん写真を撮ってもらいました。

パトンの海と象!

60分間象の上を十分に堪能した後、帰路につきました。

帰りは行きと同じくトゥクトゥクで帰ります。

送迎が確保されているととても安心して楽しむことができますね!

帰国

ホテル入口でタクシーに乗って、1時間半後空港に到着。

パトンビーチから空港は意外と距離があるので、日程には注意が必要です。

送迎はもちろんプーケットゴールドトラベルにお願いしたタクシーで、追加料金や変なドライバーを回されることなく安全に空港まで送ってもらいました。

プーケットゴールドトラベルの記事はこちら!

料金は700バーツ(約2,450円)で、降りる時に支払います。

プーケット国際空港はとてもきれい!

空港のチェックインと出国の手続きはスムーズでした。

LCCに乗る人はお土産等で重量制限を超えないように気をつけてくださいね。

その他、出国の際に気を付けるポイントはこちらの記事で確認してください!

帰りの飛行機は行きと違い、揺れずに快適に帰ることができました。

機内食があるとなんだかうれしいですよね!

今回のプーケット旅行は、天気にも恵まれてとてもリフレッシュできました!

南国リゾートでお手軽に過ごせるタイのプーケットにぜひ行ってみてください!!

コメント