スポンサーリンク

3日目 4月29日

【旅行記】タイ・プーケット

3日目となるこの日は、フリープランで楽しむ日と決めてきました。

前日の夜に天気予報を確認したところ、3日目の天気は晴れのち雨。

そのため、晴れている午前中はパトンビーチで遊び、雨が降る午後は観光地を巡ることにしました。

プーケットは天気が変わりやすいので、毎日天気を確認すると良いと思います。

プーケットの天候についてはこちらの記事を参照して下さい!

ホテルのフロントでタクシーを手配できるか聞いてみたところ、5時間1,900バーツとのこと。

ホテルでお願いできるとのことだったので、タクシーを手配してもらいました。

タクシーが来るまでの午前中は、パトンビーチを満喫してきました。

スポンサーリンク

パトンビーチ

3日目にしてようやく、楽しみにしていたパトンビーチを訪れました。

私たちが宿泊していたホテルからは歩いて10分ほどだったので、好きな時にビーチに行けるのが良かった点でした!

そんなパトンビーチでのおすすめは3つあります。

看板の写真撮影

有名なパトンビーチの看板

ビーチ沿いの北側にあるとの情報だけを頼りに探し、無事に見つけることができました。

色々な国からの観光客が、おしゃれな看板の写真を撮りに来ていました。

街中にはかわいいタイルがいっぱい!

他にも、ビーチ沿いの道にはこのようなかわいいタイルがたくさんあるので、探してみてください。

フレッシュジュース

ビーチにはたくさんの屋台があります!

パトンビーチにはフレッシュジュースを売っているお店が何店舗かありました。

50~60バーツほどで、しぼりたてのフレッシュジュースを飲むことができます。

500㎖はあります!

少し歩くだけで汗が止まらないほど暑いので、何回も買いたくなってしまいました。

日本で買うよりとても安く味わえるためおすすめです。

ジュースの他に、カットフルーツも販売していました。

バングラ通り

昼間から賑やかな通

バーが立ち並ぶバングラ通りは、プーケット随一の繁華街と言われています。

夜はたくさんの人でにぎわいます。

夕方に訪れたときは、そこまで人が多くはなかったですが、

それでもお昼からお酒を楽しんでいる観光客も多かったです。

いるだけで楽しい気分になれます!

このバングラ通りは夜中まで人通りが多いため、夜に出歩いても安心です。

夜中まで遊び尽くしたい方にはおすすめです。

タクシーツアー

パトンビーチを存分に楽しんだあと、ホテルまで迎えに来てもらい、タクシーでプーケット島の観光地を周りました。

私たちはホテルのフロントで予約しましたが、日本で事前に予約をすることも可能です。

おすすめのツアー予約代理店であるプーケットゴールドトラベルについてはこちらの記事をご覧ください!

ビッグブッダ

近くで見ると大迫力!

ビックブッタは、標高300メートルを越える、プーケットで2番目に高い山の上にあります。

入場料は無料ですが、寄付を募っていました。

寄付として300バーツを払うと、小さい大理石のタイルをもらうことができます。

そのタイルの裏に名前やお願い事などを書くと良いと言われています。

また、大仏までの道の入り口では、肌の露出が多い人にはパレオが渡されます。

無料で貸してもらえるみたいですが、不安な場合は上着を持参した方が良いと思います。

高さ45メートル、幅25メートルで、とても迫力がありました。

営業時間 6:00〜18:00

ワット・シャロン寺院

タイの寺院を見ることができました!

ワット・シャロン寺院はプーケットで伝説的な僧呂が祀られている寺院です。

パトンビーチやカタビーチからはタクシーで約30分で行くことができ、 トゥクトゥクでも約30分ほどで600~800バーツほどで行くことができます。

しかし、ワット・シャロン寺院があるチャロン地区には、あまりタクシーやトゥクトゥクが走っていません。

そのため、ホテルなどで帰りの移動手段を手配をしてから訪れることをおすすめします。

移動手段に関してはこちらの記事をぜひ参考にしてください!

ワット・シャロン寺院ではビックブッタと同様に、キャミソールや短いスカートなどの肌が露出する服装は控えてください。

肌の露出が多いと参拝を断られることもあるそうです。

また、本殿を参拝する際には靴を脱いでから入るため、脱ぎやすい靴で行くことをおすすめします。

約20バーツで、蓮の花・ロウソク・お線香・金箔の参拝セットを購入できるそうです。

私たちは大雨の中行ったため、外から写真を撮るので精一杯でしたが、時間に余裕があれば参拝してみてください。

営業時間 6:00~17:00 定休日 なし

プーケットオールドタウン

どこで写真を撮っても映えます!
町にはカラフルな建物がたくさん!

プーケット島内のどのエリアからでも行くことができるおすすめの観光スポットです。

島の中央部にあり、カラフルな街並みとかわいい建物が有名な街です。

基本的なオールドタウンへの交通手段は、タクシーやトゥクトゥクです。

私たちが宿泊したパトンビーチからはタクシーで約30分、500バーツほどで到着しました。

また、プーケット国際空港からは約45分で着きます。

時間に余裕がある方はソンテウを利用することも選択肢の1つです。

パトンビーチ、カロンビーチ、カタビーチなどの主要ビーチから、片道1人30~50バーツで行くことができます。

格安で旅行したい方にはおすすめの移動手段です。

ソンテウで移動した場合、終点のラノーンロード(Ranong Road)で下車してください。

なお、その他の詳しい移動手段に関しては、こちらの記事をぜひ参考にしてください!

プーケットオールドタウンでは、きれいな壁画や、外見がかわいいお店通りなど、写真を撮りながら歩きました!

芸術的な絵画が描かれた家の壁

私たちと同じように、きれいなフォトスポットを求めて、多くの国から観光客の方が来ていました。

また、プーケットオールドタウンではお店が多くあるので、ここでお土産を買うのがおすすめです。

日本語のお店も!

おしゃれなタイパンツや、きれいな雑貨がたくさんあるので、見て周るだけで飽きません!

おすすめのプーケットのお土産はこちらの記事に書いてますので、是非見てみてください!

オールドタウンの所要時間は、写真を撮ったり買い物をするだけの場合でも、1時間ほど必要だと思います。

私たちはカフェでの休憩もしたので、タクシードライバーには2時間後に迎えに来てもらうように伝えました。

屋台

プーケットの主要な観光地を回ったらとてもお腹が空いたので、パトンビーチのメイン通りをぶらぶら散歩しました。

いろいろおいしそうな屋台がたくさんありましたが、今回晩御飯を食べる場所と決めた屋台は、

昨日と同じ屋台で晩御飯!笑

昨日と同じ屋台でした!笑

昨日ハマってしまったパイナップルチャーハンはどうしても食べたかったので、注文しました。

今回はそれに加えて、お肉が入った麺(ベトナムのフォーのようなもの)と、屋台の露店で販売されているエビを6匹購入し、焼いてもらいました!

お値段は全部で510バーツ(約1,785円)でした!

日本より2/3くらいの金銭感覚的で食べれるような気がします。

明日は象乗りツアーとプーケットファンタシーに行きます!

プーケットで一番楽しみにしていることと言っても過言ではないので、天気と体調が万全であることを祈りました!

コメント