スポンサーリンク

2日目 4月28日

【旅行記】タイ・プーケット

2日目はツアーで、シミラン諸島に行ってきました!

シミラン諸島はタイの海洋国立公園であり、
自然環境保護のため、

11/5~5/15の期間中のみ渡航可能で、
残りの半年は行くことができないとてもレアな島です。

また、宿泊は禁止になっており、タイ政府が許可を出した現地ツアーでのみ行くことができます。

私たちはプーケットゴールドトラベルでこのツアーを予約し、2人で5,400バーツ(約19,000円)で参加しました!

ツアー代の中には、ホテルからの送迎や昼食の他、シュノーケリング用品代も入っているので、安心して参加できました。

プーケットゴールドトラベルに関する記事はこちらをご覧ください!

日程はこんな感じ。

 6:00〜6:20 送迎
 8:00 桟橋到着
 9:00 桟橋出発
10:00 シミラン諸島No.5、No.6島周辺でシュノーケリング
11:30 シミラン諸島No.4島上陸、昼食
13:00 シミラン諸島No.8島上陸
14:00 シミラン諸島No.7島でシュノーケリング
15:00 シミラン諸島出発
17:00 桟橋到着、送迎
19:00 ホテル着

朝6時ちょうどに送迎が来て、シミラン諸島へ!

まさか時間通りに来るとは思わなくて少しびっくり。

シミラン諸島はパンガー県にあり、プーケット県のパトンビーチから約100kmあります。

そのため、2時間くらい車に揺られました。

8時にシミラン諸島への船乗り場に到着。

沢山の外国人のツアー客で溢れてました。

受付の周りはツアー客でにぎわっていました!

到着すると、受付をします。

ライフジャケットとシュノーケル、酔い止めの薬を手渡され、色つきのリストバンドでグループ分けされました。

私たちはオレンジグループへ。

次々来るツアー参加者の受付を待つ間は、軽食のビュッフェが準備されているため、それを食べて待っていました。

食べすぎて船酔いが心配。。。

パンやシリアル、クッキーがあり、口に合わないということはなかったです。

今回のツアー申込者が全員受付すると、グループごとに集まるよう指示されます。

とても不安でしたが、なんと!

オレンジグループは日本人グループのことでした!

やっぱり日本人で集まるととてもホッとします。

ガイドの人も日本語が少し喋れるため、ツアーの流れや、道具の使い方をレクチャーされました。

9時過ぎ、いざ出発!

船の中は陽気なお兄さんとお姉さんのガイドさんがいて、酔わないか心配し、飲み物をくれたり、酔い止めの薬を配ったりしてくれました。

一人一人に話しかけてくれます!

とっても優しくて、タイの人が好きになりました。

10時近く、シミラン諸島の1つ目の島に到着。

青い海に、真っ白な砂浜!

白い砂浜に、真っ青な海が目の前に広がり、
テンションが上がりました!

潜って魚をみたり、浅瀬で休んだり、
40分ほど自由な時間を過ごしました。

11時過ぎ、2つ目の大きめの島に到着。

一日中天候に恵まれました!

船内はペプシと水が飲み放題のため、到着するとすぐトイレへ。

この島では2時間ほどの時間があり、昼食を取る時間があります。

昼食を食べる場所が指定されていて、そこに座って食べます。

昼食はタイの法律で決まっているため、お弁当でしたが、なかなかのボリューム。

クセが強めのものもありましたが、全体的には日本人の口に合うと思います。

また、食べ終わる頃に、ツアーガイドさんがフルーツを持ってきてくれます。
これは食べ放題なのか、食べ終わったら何度もくれます。

さすがに3皿ほど食べたあとはもらいませんでした。

食べ終わったあと、この島の有名スポットがあるということで、ガイドさんについていくことに。

この時はまだ大変さを知らなかった。。。

ついて行ったはいいものの、坂。崖。坂。

落ちそうな場所で撮影!

落ちそうになるくらい急な斜面を登り、みんなが写真を撮っている場所へ。

そこには、、、

こんなにきれいな海は生まれて初めて!

目の前にはこんなに綺麗な景色が!

その後、3つほど島を巡り、14時半くらいに出発地に到着。

陽気なお兄さんとお姉さんのガイドさんは最後のお願いとして、チップの箱を回していました。

あの優しさはそういうことだったのかと思いましたが、安心してツアーに参加できたので、100バーツ程入れました。

到着すると、シャワーを浴びたり、道具を返却したり。

またもやビュッフェが準備されていたので、せっかくだし、お腹も空いていたので、結局沢山食べました。

オレオとお肉の組み合わせは斬新ですね!

15時過ぎ、送迎の車が来たため乗車し、ホテルへ。
帰りの車は爆睡でした。

17時過ぎ、ホテルに到着し、晩ご飯を求め、夜の街へ。

屋台が沢山並ぶ中、迷いに迷いましたが、親切そうな店員さんがいるお店に入店。

お腹が空いていたので、こんなに沢山食べました。

夜はおなかがすいたのでたくさん!

プーケットでおすすめの料理を紹介している記事はこちらです!

一日中遊んでいたので、ホテルでは爆睡でした。

明日は寺院やオールドタウンなど、プーケット島を満喫します!

コメント