スポンサーリンク

初めてでも分かる!初心者向け【ふるさと納税】始める前に知りたい!仕組みとメリットとは?

マネー

「ふるさと納税」
という言葉をニュースや新聞でよく見かけるようになりました。

 

最近では、返礼品を巡って裁判が行われたりと、世間を賑わせてますよね。

 

一方で、
それだけふるさと納税による「メリットが大きい」という意味でもあると思います。

 

今回は
◎そもそも「ふるさと納税」って何?
◎ふるさと納税の「メリット」って何?

という疑問がある人のために、基本的な仕組みを解説したいと思います。

 

こんな人におすすめ

ふるさと納税について1から知りたい人!
ふるさと納税のメリットについて知りたい人!
ふるさと納税の流れについて知りたい人!

 

スポンサーリンク

ふるさと納税とは?

そもそも、納税は「現在生活している場所」で行うため、地方から都会に引っ越した場合、都会で納税を行います。

 

すると、以下のような問題が起きます。

総務省HPより

「地方」の自治体から医療や教育等様々な住民サービスを受けて育ち、その後進学や就職を機に生活の場を「都会」に移し、そこで納税を行います。その結果、「都会」の自治体は税収を得ますが、自分が生まれ育った「地方」の自治体には税収が入りません。

総務省HP一部抜粋・編集

 

このような問題を解消するために作られたのが「ふるさと納税」なのです。

 

彼

育ててくれた故郷に「納税」という形で還元できるんだね!

彼女
彼女

自分の生まれた故郷にしか納税できないの?

 

自分の生まれ故郷に限らず、どの自治体にでもふるさと納税を行うことができます。

 

それぞれの自治体の、ふるさと納税に対する考え方や、集まった寄附金の使い道を見た上で、応援したい自治体を選べる仕組みになっています。

 

ふるさと納税のメリットとは?

ふるさと納税を始めるにあたって、気になるのは、
「やるだけの価値があるのか?」という部分だと思います。

 

ふるさと納税のメリットを一言でいうならば、
「税金を払うだけなのに、返礼品がもらえる。」というもの。

 

なんだか分かりませんよね?

今回は、メリットを2つの要素に分けて説明します。

 

メリット

①所得税及び住民税が控除される。

②豪華な返礼品がもらえる。

 

ふるさと納税による「税額控除メリット」

ふるさと納税のメリットの1つ目は、「税額控除」。

 

ふるさと納税を通じ、寄付することによって、
「税額控除」というメリットが得られます。

 

税額控除とは「払う予定の税金を差し引いてくれる」というもの。

 

例えば、
現在、30,000円/月の税金を支払っていて、
「3,000円の税額控除」があった場合、
27,000円/月で済む。

というイメージです。

 

彼

毎月の支払いが3,000円安くなるね!

 

ふるさと納税をすることにより、控除される税金の種類は「所得税」と「住民税」。

 

寄付した金額から、自己負担額2,000円を除いた全額が控除されます。

 

ふるさと納税で受けられる控除額=所得税分の控除額(所得税からの控除)+住民税基本分の控除額+住民税特例分の控除額(住民税からの控除額)
ふるなび公式HPより

 

例えば、10,000円のふるさと納税を行うと、
10,000円-2,000円=8,000円が所得税と住民税から控除されます。

 

要するに「寄付金-2,000円が、そのまま税金に充てられる。」のです。

 

注意
控除上限額は収入や家族構成によって決まります。
シミュレーションサイトを使って調べてみてください。

>>あなたの控除上限額はいくら?シミュレーションはこちら!

 

ここまで聞いて、勘の良い人であればこう思うはずです。

勘の良い人
勘の良い人

自己負担額2,000円払ったら損しない?

 

上の例で考えてみれば、8,000円で済むところを、わざわざ10,000円払っているので、損しているように感じますよね。

 

そこで出てくるのが、ふるさと納税最大のメリット「返礼品」です。

 

ふるさと納税による「返礼品メリット」

ふるさと納税と言ったら「返礼品」。

 

ふるさと納税を利用している人のほとんどが、返礼品目的と言っても過言ではありません。

 

税額控除の部分で問題となった「自己負担額2,000円の損」については、返礼品でカバーできます。

 

例えば、シミュレーションで20,000円の寄付金ができるとなった人は

こういった組み合わせを考えることができます。

 

2つの推定値段を考えると、自己負担額2,000円は軽くカバーできることが分かりますよね!

 

彼女
彼女

季節や時期によっては品切れもあるので注意!

 

そんな返礼品を簡単に調べられるサイトが「ふるなび」。

 

私たちも利用している「ふるなび」のおすすめポイントは2つ。

 

おすすめポイント

①「利用者満足度」「利用者メリット」などでNO.1を獲得しているため、安心感がある。

②「ランキング別」「地域別」「カテゴリー別」など、検索方法が豊富で使いやすく、利用しやすい。

 

私たちは「ふるなび」を利用して「桃」と「お米」を注文しました。

 

こんなにおいしそうな桃がたくさん!

10,000円の寄付でこんなにたくさんの桃を食べることができます!

 

10月頃にはお米も到着するそうなので、今からすごく楽しみです。

 

このように、「ふるさと納税制度を利用して税金を納めるだけ」で、返礼品をもらえるのはメリットしかない制度だと思います。

彼女
彼女

返礼品を選ぶ楽しさもあります!

 

ふるさと納税を始めるなら「ふるなび」

>>公式サイトはこちら!

 

まとめ:ふるさと納税の仕組みとメリット

彩り野菜

いかがだったでしょうか?

今回はふるさと納税の基本的な仕組みと、メリットについて紹介しました。

 

必ず払わなければならない税金を払っているだけなのに、豪華な返礼品がもらえるなら、やらなきゃ損ですよね!

 

この記事のまとめ

❏ふるさと納税は「自分の意思」で、税金を納める自治体を選ぶことができる!
❏「豪華な返礼品」と「税金控除」のメリットがある!