スポンサーリンク

海外旅行時の【スマホの設定】と【注意点】あなたに合った4種類の通信方法をお伝えします!

スマートフォンを操作する人お役立ち情報
彼女
彼女

海外旅行に行ったら、綺麗な写真をSNSにアップしたいよね!

彼

そうだね!
ただ、日本で使っているスマホをそのまま使うと【高額な通信料】がかかることがあるから注意が必要だよ!

彼女
彼女

それは怖いね。。。
安全にスマホを使うにはどうしたらいいんだろう?

海外旅行に行く際、心配なのは連絡手段や通信手段ですよね?

初めて行く土地でGoogleマップを見たり、日本にいる家族と連絡を取ったり、安全に旅行をするためには、海外でのスマホの使用は必須になっています。

そこで!

今回は、【安全に】【楽しく】海外でスマホを使う4つの方法を紹介します。

こんな人におすすめ

日本で使っているスマホをそのまま使いたい人!
ポケットWi-Fiルーター選びに迷っている人!
❏Wi-Fiルーターを使わない方法を知りたい人!

スポンサーリンク

日本で使っているスマホは使える?

彼

普段使いなれているスマホをそのまま使いたい人は多いはず!
たった1つの設定で安心して使えますよ!

海外でスマホを利用する場合、心配なことの1つに「高額請求」があります。

高額請求が発生する理由の一つに、普段使っているスマホが「国際データローミング」に対応していないことが挙げられます。

基本的には、普段使っているスマホで、海外でもインターネットが利用できる仕組みになっていますが、多くの方が日本で契約している利用プランは、「国内データローミング限定」であり、海外でのデータローミングが対象外のため、1パケットごとに〇円、通話30秒ごとに〇円というように、利用した分の料金がかかってしまいます。

また、インターネットを使用しなければいい訳ではなく、アプリやOSの自動アップデートなどで通信が発生してしまい、気づかないところで高額な請求を受ける可能性があるのです。

ですので、海外では基本的に機内モードに設定をし、データローミングを行わないようにすることが大切です。

彼女
彼女

設定画面から「機内モード」と「データローミングのOFF」に設定することが大切なんだね!

彼女
彼女

けど、これだったらスマホで通信できないよね?

彼

次に、海外でスマホを安全に使う4つ方法を紹介するよ!

フリーWi-Fi

フリーWi-Fiは、「無料で利用できる」という点が、最大のメリットです。

ただ、Wi-Fi設備のあるお店やエリアでしか使えず、旅の行程の中では、利用するタイミングが限られます。

また、通信速度やセキュリティ面の不安がありますが、海外でネットをほとんど利用しない人なら十分と言えます。

こんな人におすすめ

❏通信にコストをかけたくない人!
❏あまりネットを利用しない人!

彼

多くのホテルではフリーWi-Fiが設置されているので、ホテルでしか使わないという選択肢もあると思います!

Wi-Fiルーターレンタル

旅行先で使えるよう設定されたWi-Fiルーターを、レンタルして利用する方法です。
日本でレンタルし、旅行先に持っていくのが一般的です。

通信速度も速く、Wi-Fiルーター1台で複数の端末に繋げられるので、友達やカップルでシェアするとオトクに使うことができます!

おすすめの海外WIFIルーターについての詳細はこちらの記事を参照ください!

こんな人におすすめ

❏海外旅行中、いつでもスマホを使いたい人!
❏友達やカップルなど、複数で旅行する人!

彼

Wi-Fiルーターはほとんどの人が使う方法です!
リンク先の記事に詳しく書いたので、ぜひ見てみてください!

海外パケット定額

日本のキャリアが販売しているものです。
一定期間「海外データローミング」まで対象範囲を広げるプランになります。

1日当たりの通信料が、最大でも3,000円程度に抑えられ、安心して使えるというものです。

メリット

①手軽に利用できる点。
⇒特別な設定が必要なわけではなく、スマホで申し込みをするだけで使えてしまいます。
② 「1日」単位で課金される点。
⇒5日間の旅行の際に、3日間しか使わなければ、3日分しか請求されません。

デメリット

①レンタルWi-Fiより高めの料金。
⇒レンタルWi-Fiは1日1,000円程度なので、それと比べると少し割高です。

現在キャリアのスマホを使っていて、Wi-Fiルーターを持ち歩くのが面倒な人にはおすすめの方法ですね!

こんな人におすすめ

❏国内と同じように、手軽にスマホを使いたい人!
❏旅行中の特定の日だけ使えれば良いという人!

海外SIMカードを購入する

彼

海外SIMカードは上級者向けの方法なので、海外旅行に慣れてきたころにやってみるといいと思います!

SIMカードとはごく簡単に説明すると、「どのスマホにも付いている、通信機能のついたチップ」のことです。

基本的に普段皆さんが使っているのは、「国内のみ対応」しているSIMカードで、海外で使うと別料金が発生してしまいます。

そこで、渡航先でも対応している「海外SIMカード」を購入し、国内と同じようにスマホを使おう!という方法です。

購入方法は大きく2点あり、
①日本で事前に購入
②現地で購入
があります。

メリット

①現地の国内通話の扱いになるので、割安な料金で通信環境も良好な点。
②SIMカードの多くはプリペイド式なので、使いすぎによる高額請求の心配も不要な点。

デメリット

①SIMカードの種類が様々であり、設定が複雑なため、スマホに詳しくないと苦労する点。
②電話番号が変わってしまう点。
③1〜2日程度の滞在だと、Wi-Fiより高額になってしまう点。

こんな人におすすめ

❏長期滞在を予定している人!
❏スマホの設定に自信がある人!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今の時代、渡航先でスマホやタブレットを使い通信することは必須となっています。

海外で安全にスマホやタブレットが使えるように、自分に合ったプランや通信方法を選ぶことが大切ですね!

この記事のまとめ

❏「機内モード」と「データローミングのOFF」に設定することが大切!
❏旅行スタイルに合わせて、4つの通信方法から選ぼう!